Event is FINISHED

【参加無料】Invent or Die - 未来の設計者たちへ 6: 中島聡×片山恭一

Description
※会場の都合により受付開始時間が18時45分に変更になりました!

90年代の初めのバブルの崩壊から始まった日本の「失われた10年」は今世紀に入っても続き、今や「失われた30年」になろうとしています。その時期と、パソコン・インターネット・スマートフォンによる社会の大変化の時期とが重なっているのは偶然ではありません。


バブルのピークだった1989年には、世界の時価総額ランキングのトップ10に、NTT、興銀、住友銀行、トヨタ自動車、東京電力など日本企業7社が並んでいました。しかし、2018年のトップ10からは日本企業は消え、Apple、Amazon, Microsoft, Alphabet/Google、Facebook、Alibaba、Tencent など、テクノロジーを活用してビジネスをしているグローバル企業ばかりが並んでいます。


つまり、パソコンやインターネットが普及し始めた1990年代を境に、世界経済の仕組みは大きく代わり、その変化を自ら作り出した米国や中国のテクノロジー企業は大躍進し、戦後の高度成長期に作られた、終身雇用、年功序列、新卒の一括採用、経営陣から構成される取締役会、護送船団方式、経団連、天下り、などの仕組みが大きな足枷となった日本企業は、国際競争力が大きく低下してしまったのです。


技術のさらなる進化によりもたらされる社会が、「暗いもの」になるのか、「明るいもの」になるのか」は、結局は人間次第なのです。それを「明るいもの」にするための努力は今のうちからスタートすべきだし、そこにビジネスチャンスも生まれるのです。

今こそ、デジタル・ネイティブな世代の若者が立ち上がり、テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい起業家として次の時代の日本、そして世界を背負っていかなければなりません。

シンギュラリティ・ソサエティは、そんな「未来の設計者」たちを支援するために、「Windows 95を設計した日本人」として知られる中島聡と、「世界初のモバイルインターネット i-mode を世の中に送り出した男」として知られる夏野剛が発起人として設立した NPO です。

今回は、「世界の中心で、愛をさけぶ」のベストセラー作家として知られる片山恭一氏にご登壇いただきます。片山氏は執筆活動の傍ら、2018年夏「The Road To Singularity ~未知の世界を生きる」と題したエッセイシリーズを公式サイト「小説のために」にて連載中。小説家としてシンギュラリティについて独自の視点から研究されていらっしゃいます。

The Road To Singularity ~未知の世界を生きる(Ep.1)

今回の対談では、エンジニア中島聡と小説家片山恭一が「シンギュラリティについて過激に語る。」と題し、シンギュラリティの本質を探究していきます。

<イベント概要>
・日程:2019年3月29日(金)
・時間:19時00分~20時30分(受付開始:18時30分)
・場所:フジミック セミナールーム(ダイバーシティ東京オフィスタワー19階)
・住所:東京都江東区青海1丁目1番20号
・URL:https://www.fujimic.com/corporate/access.html
・主催:一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ

<タイムテーブル>
・18時45分:受付開始 ※会場の都合により受付開始時間が18時45分に変更になりました!
・19時00分:開会~対談 中島聡×片山恭一(テーマ:「シンギュラリティについて過激に語る。」(仮))
・20時30分:対談終了(一般参加者はこちらまで)
・20時30分:サロン会員 プロジェクト発表+連絡(サロン会員限定)
・21時45分:閉会
・22時00分:完全撤収

<チケットについて>
本イベントのチケットに関しまして、下記の通り取得資格がございますのでご確認ください。
※フジミックへの入館(セキュリティ)に関しましては、当日Peatixのメッセージメールにてご案内いたします。
※受付の際はスマートホン等でPeatixチケットをご提示ください。受付担当者がチェックいたします。

・オンラインサロン会員限定:現在、当ソサエティのオンラインサロン会員の方のみ取得いただけます。
 ※シンギュラリティ・ソサエティへのご入会はこちら
・Media / Blogger / Influencer 限定:本対談に関する記事を、各種媒体やブログ、SNS等で情報発信していただける方のためのご招待枠。

<片山恭一 プロフィール>


1959年1月5日愛媛県宇和島市に生まれる。
1977年九州大学農学部に入学。
専攻は農業経済学。1981年同大学卒業、大学院に進む。
1986年「気配」にて『文学界』新人賞受賞。
1995年、『きみの知らないところで世界は動く』を刊行。はじめての単行本にあたる。2001年『世界の中心で、愛をさけぶ』を刊行。その後、ベストセラーとなる。主な作品に、『ジョン・レノンを信じるな』『空のレンズ』『もしも私が、そこにいるならば』『雨の日のイルカたちは』『最後に咲く花』『船泊まりまで』『遠ざかる家』『壊れた光・雲の影』『宇宙を孕む風』『静けさを残して鳥たちは』、評論集に『どこへ向かって死ぬか』『生を見つめ、死をひらく』などがある。福岡市在住。

著作一覧
きみの知らないところで世界は動く (1995年 新潮社、2003年 ポプラ社)小学館文庫
ジョン・レノンを信じるな (1997年 角川書店) のち小学館文庫
DNAに負けない心 (エッセイ、新潮Oh!文庫、2000年、2004年光文社「考える元気」に改題)
世界の中心で、愛をさけぶ (2001年 小学館) 小学館文庫
満月の夜、モビイ・ディックが (2002年 小学館) 小学館文庫
空のレンズ (2003年 ポプラ社) 講談社文庫
もしも私が、そこにいるならば (2003年 小学館) 小学館文庫
雨の日のイルカたちは (2004年 文藝春秋) 小学館文庫
最後に咲く花 (2005年 小学館) 小学館文庫
船泊まりまで (2006年 小学館) 小学館文庫
壊れた光、雲の影 (2007年 文藝春秋)
遠ざかる家 (2008年 小学館) 小学館文庫
宇宙を孕む風 (2008年 光文社)
静けさを残して鳥たちは (2010年 文藝春秋)
どこへ向かって死ぬか (2010年 NHK出版) 小学館文庫
なお愛について、語るべきこと (2012年 小学館) 小学館文庫
生をみつめ、死をひらく (2013年 NHK出版新書)
生きることの発明 (2013年 小学館文庫)
そうだ、高野山がある (2015年 バジリコ)
なにもないことが多すぎる (2016 小学館)




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#421470 2019-03-26 21:16:50
More updates
Fri Mar 29, 2019
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
フジミック セミナールーム(ダイバーシティ東京オフィスタワータワー 19階)
Tickets
【会員チケット】Singularity Societyオンラインサロン会員参加券 FULL
【招待チケット】Media / Blogger / Influencer 限定参加券 FULL
【紹介チケット】オンラインサロン会員からの紹介者参加券 FULL
Venue Address
東京都江東区青海1丁目1番20号 Japan
Organizer
Singularity Society
163 Followers